芸能人ダイエット方法

T-Supportに関する学会発表一覧

をね、作ってみたんだ。
一覧にすると、T-Supportという道具が一体どういう特性を持ったものなのか、よくわかると思って。
カテゴリーの分類はボキが勝手に決めてます。

1.T-Supportが完成するまでの研究(10本)

1-1.
第28回日本義肢装具学会学術大会(2012年)
演題名:股関節屈曲補助バンドの使用により脳卒中片麻痺患者の歩行とレーニング効果は増大する
演者:中谷知生(宝塚リハビリテーション病院) 

1-2.
第2回脳血管障害への下肢装具カンファレンス(2013年)
演題名:長下肢装具用股関節屈曲補助バンドの形状の違いによるターミナルスタンスでの股関節伸展角度の変化
演者:中谷知生(宝塚リハビリテーション病院)

1-3.
第48回日本理学療法学術大会(2013年)
演題名:歩行補助具T-Supportの使用により長下肢装具を用いた脳卒中片麻痺患者の歩行トレーニングの効果が増大する       
演者:中谷知生(宝塚リハビリテーション病院)

1-4.
第25回兵庫県理学療法学術大会(2013年)
演題名:脳卒中片麻痺患者の長下肢装具を用いた歩行トレーニングにおける股関節屈曲補助バンド(T-Support)が効力を発揮する期間の検討
演者:佐藤光(宝塚リハビリテーション病院)

1-5.
第49回日本理学療法学術大会(2014年)
演題名:歩行補助具T-Support使用による脳卒中片麻痺患者の長下肢装具を用いた歩行トレーニングへの影響
演者:中谷知生(宝塚リハビリテーション病院)

1-6.
リハビリテーション・ケア合同研究大会神戸2015(2015年)
演題名:脳卒中片麻痺患者の後方介助歩行トレーニング時に使用することで介助者の腰部負担を軽減させる歩行補助具T-Support KOKの使用経験
演者:木下智恵美(宝塚リハビリテーション病院)

1-7.
第3回脳血管障害への下肢装具カンファレンス(2014年)
演題名:股継手プライムウォークを用いた長下肢装具歩行練習におけるT-Support type p使用による歩行因子の即時的変化
演者:中谷知生(宝塚リハビリテーション病院)

1-8.
第3回脳血管障害への下肢装具カンファレンス(2014年)
演題名:回復期脳卒中片麻痺患者における歩行補助具T-Support type sの効果
演者:吉藤碩(宝塚リハビリテーション病院)

1-9.
第26回兵庫県理学療法学術大会(2014年)
演題名:回復期脳卒中片麻痺患者における歩行補助具T-Support type s継続利用の効果
演者:森江静香(宝塚リハビリテーション病院)

1-10.
第50回日本理学療法学術大会(2015年)
演題名:歩行補助具type s使用による脳卒中片麻痺患者の短下肢装具を用いた歩行トレーニングへの影響
演者:中谷知生(宝塚リハビリテーション病院)

2.T-Support装用時の力学的な変化についての研究(1本)

2-1.
第51回日本理学療法学術大会(2016年)
演題名:歩行補助具T-Support装用による脳卒中片麻痺患者の歩行動作の運動力学的分析
演者:中谷知生(宝塚リハビリテーション病院)

3.T-Support装用時の筋電図変化についての研究(3本)

3-1.
第5回脳血管障害への下肢装具カンファレンス(2016年)
演題名:歩行補助具T-Support装用が回復期脳卒中片麻痺患者の下腿筋群の同時収縮に及ぼす影響
演者:梅本雄太(宝塚リハビリテーション病院)

3-2.
リハビリテーション・ケア合同研究大会神戸2015(2015年)
演題名:歩行補助具T-Support使用による回復期脳卒中片麻痺患者の麻痺側遊脚期足関節の過度な底屈運動の変化
演者:中谷知生(宝塚リハビリテーション病院)

3-3.
第12回日本神経理学療法学会学術集会(2015年)
演題名:歩行補助具 T-Support が不全麻痺を呈した脊髄損傷患者の立脚後期筋活動に与える影響
演者:小松歩(宝塚リハビリテーション病院)
 

4.T-Support装用時の歩行因子の変化についての研究(1本)

4-1.
リハビリテーション・ケア合同研究大会神戸2015(2015年)
演題名:脊髄損傷により四肢不全麻痺を呈した患者の歩行トレーニングにおける歩行補助具T-Supportの使用経験
演者:小松歩(宝塚リハビリテーション病院)

5.T-Supportの弾性バンドの伸長に関する研究(1本)

5-1.
第27回兵庫県理学療法学術大会(2015年)
演題名:膝関節の固定の有無による歩行補助具T-Supportの機能変化の検証
演者:中谷知生(宝塚リハビリテーション病院)

6.T-Supportによる長下肢装具の膝の固定介助に関する研究(4本)

6-1.
第4回脳血管障害への下肢装具カンファレンス(2015年)
演題名:歩行補助具T-Supportを使用した長下肢装具の早期カットダウンへの挑戦
演者:中谷知生(宝塚リハビリテーション病院)

6-2.
第27回兵庫県理学療法学術大会(2015年)
演題名:歩行補助具T-Supportを使用することで長下肢装具による膝関節固定期間の短縮が可能となった一症例
演者:森井麻貴(宝塚リハビリテーション病院)

6-3.
第12回日本神経理学療法学会学術集会(2015年)
演題名:歩行補助具T-Supportを使用した回復期脳卒中片麻痺患者の下肢関節角度の継時的変化
演者:中谷知生(宝塚リハビリテーション病院)

6-4.
第5回脳血管障害への下肢装具カンファレンス(2016年)
演題名:歩行補助具T-Support使用により長下肢装具の膝固定解除が早期に実施可能となった一症例
演者:財前亮杜

7.T-Supportが効果を発揮する条件に関する研究(4本)

7-1.
第30回日本義肢装具学会学術大会(2014年)
演題名:重度の運動麻痺の見られる脳卒中片麻痺患者において歩行補助具T-Support type sが効果を発揮するまでの期間の検証
演者:中谷知生(宝塚リハビリテーション病院)

7-2.
第4回脳血管障害への下肢装具カンファレンス(2015年)
演題名:T-Support type s使用により歩行能力が著明に向上した一症例
演者:小松歩(宝塚リハビリテーション病院)

7-3.
第5回脳血管障害への下肢装具カンファレンス(2016年)
演題名:ウォークエイドおよびT-Supportの併用が脳卒中重度片麻痺患者の歩行に与える影響
演者:原田悠亮(宝塚リハビリテーション病院)

7-4.
第28回兵庫県理学療法学術大会(2016年)
演題名:脳卒中片麻痺患者に対する歩行補助具T-Supportの治療効果の持続期間の検証
演者:蓮井成仁(宝塚リハビリテーション病院)

8.T-Supportを装用した走行動作に関する研究(1本)

8-1.
第5回脳血管障害への下肢装具カンファレンス(2016年)
演題名:
演者:蓮井成仁(宝塚リハビリテーション病院)

9.T-Support装用時にケツにパッドを用いる研究(2本)

9-1.
第31回日本義肢装具学会学術大会(2015年)
演題名:歩行補助具T-Support KPD使用による短下肢装具を用いた脳卒中片麻痺患者の歩行因子の変化
演者:中谷知生(宝塚リハビリテーション病院)

9-2.
第52回日本理学療法学術大会(2016年)
演題名:後方介助パッドが麻痺側立脚期の股関節伸展角度に与える影響について
演者:森井麻貴(宝塚リハビリテーション病院)

10.T-Supportの継続利用に関する研究(1本)

10-1.
リハビリテーション・ケア合同研究大会神戸2015
演題名:開腹期脳卒中片麻痺患者に対し歩行補助具T-Supportを継続的に使用し屋内歩行能力を獲得した一症例
演者:梶川健佑(宝塚リハビリテーション病院)

11.T-Supportと他の歩行補助機器の効果比較に関する研究(2本)

11-1.
第28回兵庫県理学療法学術大会(2016年)
演題名:Honda歩行アシストとT-Supportが大腿骨頸部骨折術後患者の足関節運動に及ぼす影響の違い
演者:中谷知生(宝塚リハビリテーション病院)

11-2.
第28回兵庫県理学療法学術大会(2016年)
演題名:慢性期脳卒中片麻痺患者に対し長下肢装具とT-Supportを使用した歩行練習を行うことで歩容が改善した一症例
演者:植田達也(宝塚リハビリテーション病院)


 

プロフィール画像
ニックネーム
中谷知生
所在地
兵庫県宝塚市にある、宝塚リハビリテーション病院に勤めています。
職業
理学療法士です。

ブログ

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数