芸能人ダイエット方法

ブログ

2017年8月21日 20時25分00秒 (Mon)

かしこさの階段

img_20170821-125624.png
9月16・17日に4階ヤマモトくんと一緒に京大で開催される日本ヘルスコミュニケーション学会なるものに行くことにしました。
こないだのガイドラインの院内研修のスライドを作成してて、これからリハビリテーションをもっと良いものにするにはこのあたりの知識が絶対必要だと思いまして。

この秋も土日は楽しそうな予定がてんこ盛りです。
今週末は東京でバイメカセミナー。
9月1週目に川村義肢本社でTS祭、翌日滋賀で落語。
2週目、東京で補装具の認定PTの研修。
3週目、京大でコミュニケーション学会。
4週目、職場の大運動会と認定PTの指定研修。
10月1週目、ガキどもの運動会。
2週目、東京で義肢装具学会。
3週目、静岡で臨床歩行分析研究会定例会。
4週目、金沢でPT協会全国研修会。
11月1週目、東京で神経理学療法学会SIGs。
2週目、滋賀で近畿学会。
2週間飛んで、12月1週に東京でTFLさん主催のセミナー。
そして日程は未定ですがもう1件、東北方面での下肢装具セミナーの予定が入りそうな状況です。
ボキ、もっともっとかしこくなりたいねん。

出勤時、Facebookでシェアされてた小学校の先生のブログ//manabitudukeru.seesaa.net/に面白い記事がありました。
『かしこさの階段』ってお話なんだけど。
小学校の先生が、勉強をする目的を、1年生にもわかるように工夫して伝えようとしてる。

img_20170821-123622.png
この「かしこさの階段」の図、めっちゃよく出来てる。
セラピストの成長も、かくあるべし、やわ。
特に後半。
わかる⇒できる⇒説明できる⇒伝えられる⇒伝え合える
説明は、言葉で、文章で、図や表を使って。
最終段階では伝え合って、その人数を増やしてく。
これって、学会発表して、論文にして、チャンスがあればセミナー開いて…って過程そのまんまだ。
せっかくボキという超革命児的PTと一緒に働く機会を得た若い衆には、大勢のセラピストに自分の臨床を伝えて、分かり合えるヒトを増やす作業ができるところまで自分の能力を高めて欲しいねん。
そういうスタッフが増えてくれたら、ボキ、プラントハンターになれるやん?

ブログの本文から、一部抜粋。
「かしこい」という言葉の意味を考え始めてからうっすら見えてきたこと。
それは「かしこさ」って学び続けることにつながっている。ということ。
「かしこさ」とは今いる場所にあぐらをかいたとたんに消えちゃうものだから。
常に一歩上に向かってチャレンジする過程(学び続ける過程)にしか存在しないんだな


これって、タッツーが言ってるいつものやつやん!
以下、タッツー好きだけどうぞ。
『先生はえらい』から。

・教習所の先生は「君は他の人と同程度に達した」ということをもって評価します。
プロのドライバーは「君は他の人とどう違うか」ということをもってしか評価しません。
その評価を実施するために、一方の先生は「これでおしまい」という到達点を具体的に指示し、一方の先生は「おしまいということはない」として到達点を消去してみせます。
ふたりの先生の違うところはここです。ここだけです。
(中略)
それは「技術には完成はない」と「完璧を逸する仕方において創造性はある」です。
この二つが「学ぶ」ということの核心にある事実です。

・私たちが学ぶのは、万人向けの有用な知識や技術を習得するためではありません。
自分がこの世界でただ一人の掛け替えのない存在であるという事実を確認するために私たちは学ぶのです。

・残念ながら、「自分が思っていること」をそのままストレートに相手に向って告げるということは、私たちにはできません。
だって、相手がいるから。
私たちが口にする「自分が思っていること」は相手によって変ります。
どうして「自分が思っていること」の切り出しが違うかというと、それは自分のことをどう思われたいのかが、相手によって違うからです。

・私たちに深い達成感をもたらす対話というのは、「言いたいこと」や「聴きたいこと」が先にあって、それが言葉になって二人の間を行き来したというものではありません。
そうではなく言葉が行き交った後になって、はじめて「言いたかったこと」と「聴きたかったこと」を二人が知った。
そういう経験なんです。

・コミュニケーションと言うのは、要するに、何かと何かを取り替えることです。
そして何かと何かを取り替えたいという欲望がもっとも亢進するのは、そこで取り替えられつつあるものの意味や価値がよくわからないときなのです。
だって、「わかる」とそれ以上コミュニケーションを続ける意欲が失われてしまいますからね。
人間同士のコミュニケーションはいつだってそうです。




学ぶ、って奥が深いわ。
そしてT-Supportのことが好きになればなるほど、教育に関する体系的な知識が必要だ、って思う今日このごろ。
ワイン飲みながらコード・ブルー見よか。

2017年8月20日 19時54分03秒 (Sun)

帰りの電車で吹き出すかとおもた。。。

img_20170820-164224.png
そうめんかそばか、あるいは両方か。
考えながら、くそコラグランプリを覗いたら…
//twitter.com/hashtag/%E6%96%B0%E4%BA%95%E3%81%95%E3%82%93%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AA?src=hash
こんなんずるいと思うわ。
どう見てもさくらんぼやん。

img_20170820-165705.png
午前、ウエダくんの患者さんのジャッジ。
左が1週間前。
右が今日。

1週間前は、麻痺側膝関節のエクステンションスラストが見られてたん。
底屈モーメント見たら、粗い二峰性になってるでしょ?
それが今日の評価ではずいぶん改善してきました。
あ、ガストロの筋活動も良い感じで変化しています。

img_20170820-165653.png
あ、相変わらず足関節の底背屈がひっくり返ってるから、角度のとこだけ気を付けて見てくださいね。
手ごたえとしては、3人4脚がよさげな感じがします。
しっかり前足部に荷重できてると思うねん。
ウエダくん、今度時間作ってちょっと一緒にデータ整理しよう。

てか、そろそろTS3人4脚の検証を、プロトコルしっかり固めて数を増やしてみようと思うねん。
論文にしよう。
そうしよう。

明日からの8月の終わりにかけていろいろイベントがてんこ盛りです。
体調崩さないように楽しみたいとおもいます。

とりあえず今からワイン飲みながらガキどもとイッテQ見るわ。
じゃあの。

2017年8月19日 20時28分49秒 (Sat)

落語→花火。

img_20170819-203027.jpg
町内の老人会から落語の依頼がありまして、自治会館に行きました。
ぜひとも『リハビリ八景患者戯』を聴きたいんだ、ってご依頼。

img_20170819-203000.jpg
めっちゃ久しぶりにやったけど、受けたよ。
やっぱりええネタやな。
自信ついたわ。

img_20170819-202940.jpg
夜、川西能勢口へ。
モコハウスのナカムラさん家で猪名川の花火。

img_20170819-202910.jpg
めっちゃ近くに見えた。
贅沢しました。



2日間、リフレッシュ出来たわ。

2017年8月18日 19時02分53秒 (Fri)

人間も、箸とおんなじや。研いで出てくるのは、塗り重ねたもんだけや。一生懸命、生きてさえおったら、悩んだことも、落ち込んだことも、綺麗な模様になって出てくる。お前のなりたいもんになれる。

 
img_20170818-162701.jpgimg_20170818-162557.jpg
img_20170818-162632.jpg
img_20170818-162455.jpgimg_20170818-162437.jpg
img_20170818-174542.jpg
img_20170818-162744.jpg
img_20170818-162808.jpg
img_20170818-184755.jpg
img_20170818-190129.jpg



img_20170818-175014.jpg
柵には当たらなかった。
良い休養になった。
ぼちぼち帰ります。

2017年8月17日 20時00分36秒 (Thu)

出力が入力を超える、ってホンマなんやなぁ、タッツー。

img_20170817-200123.jpg
夕方、院内研修会(第1回)。
テーマは『診療ガイドラインを活用しませんか?』
たくさん集まってもらいました。

あ、ウエノハラ士長の顔が入ってもうた。

img_20170817-200110.jpg
1番嬉しかった感想。
OTさん。

img_20170817-200057.jpg
1番熱かった感想。
STさん。



タッツーのブログ、『教育の奇跡』から一部。

私が知って驚倒したのは、「教師は自分が知らないことを教えることができ、自分ができないことをさせることができる」という「出力過剰」のメカニズムが教育制度の根幹にあるということである。
それが教育制度の本質的豊穣性を担保している。
教師であるためには一つだけ条件がある。一つだけで十分だと私は思う。
それは教育制度のこの豊穣性を信じているということである。
自分は自分がよく知らないことを教える。なぜか、教えることができる。
生徒たちは教師が教えていないことを学ぶ。なぜか、学ぶことができる。
この不条理のうちに教育の卓越性は存する。それを知って「感動する」というのが教師の唯一の条件だと私は思う。
長い時間をかけて、この巧妙な制度を作り上げた先人たちの知恵に敬意を払うこと、それだけが教師の条件だと私は思う。
もし、生徒たちが学んだことは、どれも教師がすでに知っていたことの一部を移転したにすぎないと思っている教師がいたとしたら、私は「そのような人間は教卓に立つべきではない」と思うし、当人にはっきりそう告げるだろう。
その人には「教育制度に対する敬意がかけている」からである。
教育制度に敬意を持てないものは教師になるべきではない。
教育の奇跡とは、「教わるもの」が「教えるもの」を知識において技芸において凌駕することが日常的に起きるという事実のうちにある。
「出力が入力を超える」という事実のうちにある。
豊かな専門知識を持ち、洗練された教育技術を駆使できるが「教育の奇跡」を信じていない教師と、知識に貧しく、教え方もたどたどしいが「教育の奇跡」を信じている教師が他の条件を同じくして教卓に立った場合、長期的には後者の方が圧倒的に高い教育的アウトカムを達成するだろう。
私の経験はそう教えている。





…正直、いくらガイドラインの話をしても一緒や、って、心のどこかで思ってたん。
反省しないと。
教育は奇跡を起こせるんだ、ってことが腑に落ちた、そんな時間でした。

あ、第2回が8月下旬にあるので、それが済んだらスライドここにアップしますね。

明日はお休みです。
かみさんとガキどもと梅丈岳に行ってかわらけ投げしてきます。
いっぱいお願いしないといけないことがあるん。
かわらけを柵で粉々にしないように気をつけマッスル。


プロフィール画像
ニックネーム
中谷知生
所在地
兵庫県宝塚市にある、宝塚リハビリテーション病院に勤めています。
職業
理学療法士です。

ブログ

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数