芸能人ダイエット方法

2.T-Support装用時の力学的な変化についての研究

 

T-Supportについて、これまでいろいろなデータをとってきたわけだけれども。
やっぱり一番大切なのは、装用することで下肢の各関節にどのような運動力学的な変化を及ぼす道具なのか、ということをはっきりさせておくことだと思うのです。
でもね、なかなかその手の情報って、かんたんに入手できないでしょ?

それを初めてできたのが、2015年の8月だったんだな。
当時国際医療福祉大学に所属していた勝平純司先生にお声をおかけいただきましてね。
慢性期脳卒中片麻痺患者さん1名にご協力いただいて、国際医療福祉大学のVICONを使ってデータを取っていただいたのです。
ご協力いただいた被験者の方は発症から10年以上が経過した男性で、右片麻痺。
右下肢のBRSはVで、計測時はフリーハンド歩行が安定して行えました。
この方に、
@GSDのみ使用した歩行
AGSD+T-Supportを装用した歩行
BGSD+T-Support+サウンドシステムを装用した歩行
CGSDのみ使用した歩行、
という条件で、4度VICONで計測させていただいたのでした。
それをまとめたのがこれ。

2-1.VICONでっせ、奥さん、これがVICONでっせ!(深い意味は無い…)

img_20160718-080842.jpg
2016年の第51回日本理学療法学術大会。
見にくいよね?
だからもうちょっとでっかいグラフを載せましょう。

img_20160718-092259.jpg
左から@→A→B→C、の順です。
ここで言えるのは、T-Support装用により歩行速度がぐいと上がり、その効果は外したあとも残っている、ということ。

img_20160718-092516.jpg
じゃあストライドはどんな変化なのか。
これがなかなか興味深いんだけど、装用時に非麻痺側のストライドがぐいと上がるんだよね。
このことは、前型歩行を促している、ということだと思われるのです。

img_20160718-092648.jpg
では関節角度とモーメントはどんな変化か?
このグラフ、少し見にくいかもしれませんが、
緑:装用前
赤:T-Support
青:T-Support+サウンドシステム
黒:装用後
です。

このグラフからは、装用した下肢の立脚後期の股関節伸展角度が増大し、股関節屈曲モーメントが増大する、ということがわかります。

img_20160718-093009.jpg
足関節の角度とモーメントを見てみます。
すると、装用した下肢の立脚後期の背屈角度が増大し、底屈モーメントが増大しています。

今回の検証から明らかになったこと。
T-Supportは弾性バンドの張力のアシストにより、装用した下肢の屈曲モーメントを補助する。
その効果は特に立脚後期の股関節伸展、足関節背屈角度を増大させる。
その結果、非麻痺側下肢のストライドを増大させ、かつ麻痺側下肢のストレッチショートニングサイクルを賦活させることで麻痺側下肢の推進力を増大させて歩行速度を向上させる効果がある、ということが推察されたのでした。


…ってこと。




あ、ちなみにね、この学会ではポスター発表だったんだけど。
ボキ、学会ポスターを筒に入れて持ち歩くのがあんまり好きじゃないんだ。
img_20160718-100902.jpg
なんかほら、コテカhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%86%E3%82%ABっぽいやん?
てかコテカで検索したらなぜかエガシラが出てきたわけだが。
…今の若い子はジャングルの王者ターちゃんなんて知らんやろなぁ。

閑話休題。
だから、ポスターは布で作るの。
これなら折りたたんで運べるしね。

img_20160718-101227.png
発表前日、ポスターにくるまって寝てるスーパーアイドルともっきーの画像だよ。
かわいいね。
てへ。

 

プロフィール画像
ニックネーム
中谷知生
所在地
兵庫県宝塚市にある、宝塚リハビリテーション病院に勤めています。
職業
理学療法士です。

ブログ

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数